車を購入した所で売る方が手続きがスムーズになるには訳がある

>

信頼できるディーラーを探すのと事前準備

普通車と軽では必要な物が違う

車を売るのに必要な印鑑が普通車と軽自動車では異なります。
普通車の場合は必ず実印が必要で、それに対して軽自動車は朱肉を使用するタイプの認印で手続きが可能です。
印鑑証明だけでなく印鑑に違いがあるので車を購入したお店で売ることにより、手続きがスムーズになる場合があるのです。

車を購入したお店だと購入時の書類が保管している場合があり、説明を丁寧にしてくれる可能性があります。
予め自分でどのような違いがあるのか、自分の車に必要な書類や手続きに関して調べるのは大事です。
不明な点や調べてもわからない内容を、車を購入したお店だと相談しやすくなります。
手続きに不備がないように前もって打ち合わせをお店とするのが大事です。

車の保険とローンのタイミング

これから車を売る方が注意をしないといけない内容に、自賠責とローンの確認があります。
自動車税を納税してる以外に、この二点がどのようになっているかが手続きに関係するからです。
新しい車を買うなら契約車両の変更手続きを行い、廃車にするなら自動車保険の中断手続きをするようにします。

カーローンを利用しており、残金がある場合は支払いを先にするか買い取りサービスで残金を返済する方法があるのが特徴です。
自分で確認するのが難しい場合は、車を購入したお店だとすぐにわかります。

必要な手続きの流れを調べたり、必要な書類等を用意するのに加えていつまでに売却したいかディーラーと事前に話をしておくのが手続きがスムーズにするポイントです。


TOPへ戻る